更新情報
陸養2018

成長日記

愛媛県伊予市立北山崎小学校えひめけんいよしりつきたやまさきしょうがっこう

愛媛県伊予市。ちょうど、愛媛県の真ん中にあり、瀬戸内海に面していることから、五色浜など、美しい景観が観光名所となっている地です。

その五色浜からほど近い、伊予市立北山崎小学校で、陸上養殖プロジェクトがスタートします。

北山崎小の5年生が育てるのは、ヒラメです。

この日は、ヒラメを育てるための水槽を設置しました。

養殖とは何のために行うのか、海の魚を陸上で育てるにはどうしたらいいのか。

子どもたちは真剣に日本養殖振興会の齊藤先生のお話を聞きます。

海水をろ過するためのサンゴ砂も一生けん命洗いました。大変だけど、やってくるヒラメたちのことを思いながら。初めての体験は楽しい!

海水は、ヒラメの為にひんぱんに入れ替えをしなければなりません。天然の海水を運ぶのは大変なので、人工海水の素を使用します。子どもたちも、人工海水の素、ペロッとなめさせてもらいました。

・・・しょっぱいだけではない、複雑な味!魚が生きていくための色々な成分が入っているそうです。

 

ヒラメがやってくるのは、9月末。待ち遠しいですね!